自己流マッサージはしてはいけない?

自己流マッサージはしてはいけない?

外でマッサージを受けるのは高いですし、毎日の疲れを解すためには自分でマッサージができたら楽ですよね?
インターネット上や雑誌には「自分でできるマッサージ」の特集が目に付きますが、本当にご自身でマッサージをしてもいいのでしょうか?

■ほんの少しの疲れや凝り
誰でも肩こりや腰痛、仕事や勉強の疲れを感じることがあるはずです。
目の周り・腕・肩・腰などを少しもみ解すと、気持ちが良いと感じることもあるでしょう。
ほんの少しの疲れや凝りであれば、少しもみ解したところで体に異常は来たしません。
気持ちが良いと感じるところを、痛みを感じない程度に数秒間だけマッサージするようにしてください。

■慢性的な疲れや凝り
自分でも疲れているのか凝っているのか分からないほど、慢性的に体の異常を来たしている方も多いでしょう。
気持ちが悪い・頭痛を感じる・歩行がつらいなどの症状が感じられるのであれば、ご自身でマッサージをしたところで変化はありません。
病院に行っても症状が分からないという場合は、あん摩マッサージ指圧師の施術を受けてください。
体の不調は内臓や精神的な負担によって起こることが多いので、専門家に治療としてのマッサージをしてもらうことが重要です。

自分で行うマッサージは一時的な解決にしかなりません。
間違ったマッサージ方法が体を痛める原因にもなるので、無理のない範囲で行いましょう。

    Copyright(C) あなたが選ぶ良いマッサージとは? All Rights Reserved.